Event is FINISHED

第16回アナログシンセ・ビルダーズ・サミット

Description

※学割があります。チケット購入の際、割引コード「student」を入力してください。

11月16日更新:公式ガイドブックPDFをこちらからダウンロードできます。
※開催後はURLが変わる可能性がありますのでご注意ください。

概要

 国内外の電子楽器自作愛好者が自作の電子楽器を持ち寄り、展示とプレゼンを通して交流するイベントです。見学者もユニークな電子楽器を実際に触ったり、製作者と情報交換をすることができます。
 開催の経緯から「アナログシンセ」というキーワードが付いていますが、アナログシンセにとどまらずデジタル(ハード及びソフト)も含めて電子楽器全般、メカニカル技術を取り入れたものやアコースティック要素を含む楽器、さらにはクラフトやアートなども含め、「電子楽器に関する自作の全て」を対象としています。

対象

  • 電子楽器の自作を楽しんでいる方
  • いつか電子楽器を自作したいと考えている方
  • アナログシンセにノスタルジーを感じる方
  • アナログシンセに新鮮な驚きを感じる方
  • モジュラーシンセ命の方
  • 大手メーカーが発売していないユニークな手作り電子楽器を触ってみたい方
  • ユニークな電子楽器を演奏に使ってみたいミュージシャン
  • 電子楽器の技術的領域に関心のある方
  • ソフトシンセや音楽アプリケーションの開発や利用に興味のある方
  • その他、電子楽器に興味のある全ての方

タイムテーブル

  • 10:45 開場
  • 11:00 開会
    • 11:00~12:00 出展者によるプレゼン第1部
    • 13:00~14:00 出展者によるプレゼン第2部
    • 開催時間内は入退場自由です。
  • 17:00 閉会
  • 18:30~22:00 懇親会

出展ブース

  • 公生32+:自作シンセサイザー初號機(MOOG system 35 相当)と弐號機(KORG MS-20 相当)。
  • houshu:電池で動くシンセ、ほか。
  • denha's channel:スクラッチ風ハードディスクシンセ、LEDバッジいろいろ。
  • centrevillage:ユーロラック規格のシーケンサーモジュール、C_Quencer。シーケンスのランダムさをコントロールすることにより、多彩なフレーズを生成し、CV/GATE信号として出力。
  • sweacco:ユーロラックモジュール(逆ADSR、モジュレーション付ディレイ等)、改造中TinyPiano等。
  • オルム:音質補正用8バンドBPFバンクと、それをモジュレートするための無極性6連電圧制御式可変抵抗器がメイン。その他、以前も展示した携帯型モジュラーシンセを展示。
  • yama:AVRで発音するMellotron ライクのミニキーボードと、最新版アームテルミン。

  • g200kg:ユーロラックDSPモジュール、SUSHI-System。

  • haki:アナログモデリングモノフォニックシンセ。

  • KATZENWERK:雑貨の販売。
  • Si7:ピアノロールスタイルのシーケンサーでありながら、ユーロラック規格に対応(世界初?)。
  • Chuck:自作モジュラー。
  • suga:自作エフェクターを中心に。間に合えばガジェット楽器風シンセ。
  • せいみまさみ:東芝製SDカード、FlashAirを使用した無線LAN制御の電子楽器サンプル。
  • 小野:ユーロラックモジュラーシンセ2016の紹介+etc。
  • DigiLog:シンセサイザーの基本パラメーターを押さえながらもコンパクトにまとめ、演奏しやすい大型の鍵盤型パッドを備えたシンセサイザー「PDx0(開発コード名)」。その他、誰でも楽しめる楽器を目指した試作機を展示予定。

プレゼンテーション

  • 公生32+:3Uユーロラック・モジュラー・シンセサイザーと5Uモジュラー・シンセサイザーの共存
  • 電池シンセ新モジュール
  • denha's channel:ハードディスクシンセの紹介
  • centrevillage:C_Quencerと各種モジュラーによる演奏
  • オルム:8バンドBPFバンクの製作と、無極性6連電圧制御式可変抵抗器について
  • yama:Mellotron ライクのミニキーボード
  • g200kg:ユーロラックDSPモジュールSUSHI概要紹介
  • haku:アナログモデリングモノフォニックシンセの機能説明
  • Chuck:(未定)
  • せいみまさみ:FlashAir Sound -東芝製SDカード FlashAirを使用した無線LAN制御の電子楽器-
  • 小野:俺的モジュラーシンセの現状+etc
  • DigiLog:新しいシンセサイザー「PDx0(開発コード名)」について

チケット販売に関して

  • 販売数
    • 会場の見学者のキャパは50人程度です(出展者数によって増減あり)。システムの都合上、チケットは弁当や懇親会の設定の有無を合わせて160枚販売される設定になっていますが、合計販売数が定員に達した場合は販売期間中でも販売を打ち切ります。入場をご希望の方は早目にお手続きください。
    • 2名以上で入場したい場合は、1枚ずつ分けで購入してください。その際、「見学者情報」画面では実際に入場する方の氏名を入力してください。
  • オプション(弁当、懇親会)付きチケット
    • 販売は13日24:00で打ち切ります。希望の方はお早めにお手続きください。
    • 販売終了後にチケットをキャンセルされた場合は弁当相当額(1,000円)や懇親会費相当額(4,100円)の払い戻しができません。
    • 懇親会のみのチケットは設定がありません。
  • 学割
    • 学校教育法で定められた学校の学生や生徒は学割料金(1,800円引き)で入場できます。チケット購入の際に割引コード「student」を入力してください。
    • 学割チケットで入場する方は、入場の際は学生証の提示が必要です。学生証を提示できない場合は差額をお支払いいただきます。
  • 当日券
    • 原則として当日券の販売はしませんが、会場のキャパに余裕がある場合に限り、割増料金(4,200円)で入場を認める場合があります。必ず受け入れ可能になるとは限りませんので、入場希望の方は忘れずに前売券をご購入ください。
      • 当日受け入れの場合は、配布資料をお渡しできない場合があります。あらかじめご了承ください。

懇親会について

  • 懇親会に参加希望の方は懇親会付きチケットをご購入ください。懇親会付きチケットの販売は13日24:00で打ち切ります。
  • 懇親会付きチケットをお持ちでない方は参加できません。
  • 懇親会はアルコールが出る場になりますので、未成年者は保護者の同伴が条件になります。保護者参加の手続きについては、主催者までお問い合わせください。
  • 懇親会の会場は、懇親会付きチケットをお持ちの方に当日お知らせします。

会場内での飲食について

  • 仕出し弁当を希望の方は弁当付きチケットをご購入ください。弁当付きチケットの販売は13日24:00で打ち切ります。
  • 昼食は館内のレストランもご利用できます(バイキング大人1,300円)。
  • 会場のフロアにドリンクの自販機があります。
  • 会場に飲食物の持ち込みは可能ですが、持ち込んだ飲食物のゴミはお持ち帰りください
  • コップ入りのドリンクは倒れると展示物やカーペットにダメージを与える危険性がありますので、持ち込みをご遠慮ください。

その他ご案内

  • チケット購入の際に「見学者情報」画面で記入していただいた氏名は、名札に記載されます。会場内及び再入場の際は名札の着用をお願いします。
  • 会場で撮影した写真をブログ等に載せる場合は、他の入場者のプライバシーに配慮してください。特に顔がはっきりと写っている写真を載せる場合は本人の承諾を得てください。
  • 会場の様子を写した写真がブログや雑誌等に掲載される場合があります。入場者の顔が写り込む場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • このイベントに関する情報がアナログシンセ掲示板に追加されることがあります。
  • Twitterのハッシュタグは#ASBS16です。

取材希望の方へ

  • 取材には事前申し込みが必要です。詳細はこちらをご覧ください。
  • 当日の飛び込み取材はお断りしています。


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-11-16 12:31:19
More updates
Sat Nov 19, 2016
11:30 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
科学技術館 第3会議室
Tickets
見学券 ¥3,600
見学券(懇親会付き) ¥7,700
見学券(弁当+懇親会付き) ¥8,700

On sale until Nov 18, 2016, 11:59:00 PM

Venue Address
東京都千代田区北の丸公園2-1 Japan
Organizer
アナログ震世界
225 Followers